江別港って何??
この質問を何度も受けてきましたが、一言で説明が難しくて・・・
すごくわかりやすい説明とともに、クラウドファンディングが始まりました!

私が銀座商店街に作業場を移すきっかけとなったブックストリートも
江別港なしではあり得なく、江別港がきっかけで出会う方々もたくさんたくさんいます。

こども食堂ここなつは、江別港の飲食部分、麺こいやさんにて開催されており
野菜を提供するのをきっかけに、その野菜がどう利用されているか、チェックの意味で
商店街の人としてご飯を食べにいくように。学生たちが運営しているこども食堂のため
ここではたくさんの大学生たちに出会ってます。

毎週会うので、何となく友達のような感覚でいますが、産んでてもおかしくない年齢差。
知識も能力もあるけれど、若さゆえの経験不足、未熟さを感じています。
今まで、どこへ行っても下っぱで、できる先輩や上司に囲まれていた、生まれも育ちも
末っ子体質なのに、ここなつでは大人として、先輩としてふるまわなければなりません。
この経験も江別港で得たこと。
ニュースで聞いていた奨学金の問題も、友人のように接してる学生たちの現実。

ここなつでお会いする方と、20才から40才までにどんなことがあった?という話になり
就職、結婚、転職、車の購入、家の購入、出産、死別、介護 ・・・ 色々ありすぎる。
そんな中で、奨学金という借金があったら??ゾッとするよね・・・
あの子たち(ここなつの学生たち)、大丈夫かな・・・
学生たちの現実が、遠くの出来事ではすまなくなりました。
何かできる訳でもなく、ただただ心配するしかないのですが、

地域の若者を地域で育むための拠点「みなと」をつくる。
できたらいいな〜と。
この場所から育っていく今の学生たちのために、社会に出てつまづいたら
とりあえずここに来れるように。

ぜひご一読くださいませ。
寄り道 ならぬ ”寄りまち”!地域交流拠点community HUB 江別港 クラウドファンディング

CFチラシ(江別港)
関連記事
大麻銀座商店街 | トラックバック(0)